【専門知識を学ぼう】不動産投資初心者なら専門セミナーに参加すべし

安定性を高める資金計画

お金

リスクを過大に想定しよう

着実に豊かな人生に導いてくれるのが、毎月安定した家賃収入をもたらす不動産投資です。サラリーマンでも始められるため、多くの方が賃貸物件のオーナーになっています。しかし、まだ不動産投資をされていない方は、何か難しいと感じている方も多いことでしょう。でもやることは資金計画を立てるだけと、非常に簡単です。不動産投資で成功するかは、どのような資金計画を立てるかで決まります。資金計画の基礎となるのが、1年間で得られる家賃収入。そこから経費を差し引き、利益を算出していきます。ポイントは、相場通りの家賃を見込むことと入居率を考慮すること。特に入居率は85%から90%と少し低めに想定することが重要です。過大に見込んだリスクは、クッションの役目を果たします。想定外の事態にしっかりと備えられるため、より安定した不動産投資を行えます。経費においても、過大に見込むようにします。固定資産税や不動産取得税などの課税項目は、大きく変動することはありません。しかし、修繕費や補修工事費は、2割増しの金額で計算しましょう。これによりリフォームやリノベーションの費用を余裕を持って用意でき、空室率の低下を防げます。さらに、金利変動リスクに備えて、金利負担も2割増しで算出するとリスクを大きく軽減できます。不動産投資会社の多くが、適した資金計画を提案してくれます。そこから家賃収入を減らし、経費を増加させることで、不動産投資初心者の方でも簡単に安定した家賃収入を得ることが可能です。

Copyright© 2018 【専門知識を学ぼう】不動産投資初心者なら専門セミナーに参加すべし All Rights Reserved.