【専門知識を学ぼう】不動産投資初心者なら専門セミナーに参加すべし

駐車場

土地の有効活用を考える

土地を所有している場合には、有効活用の方策として駐車場経営があります。土地があれば舗装などの工事さえすれば、駐車場として活用することが可能です。近隣の需要をリサーチしたうえで、月極やコインパーキングなどの形態を検討して事業を始めることが大切です。

マンション

ワンルームで収益を上げる

不動産投資はサラリーマンやOLにもできます。土地や資産がなくてもマンションのワンルームを購入して賃貸として貸し出せばいいのです。ローンの支払いには家賃を充てるので余計な出費は必要ないのです。ただし立地や生活環境の良いワンルームを手に入れる必要があります。日当たりと風通しのよい部屋を選ぶようにします。

お金

安定性を高める資金計画

リスクを最大限に考慮した資金計画を立てることで、安定した不動産投資を行えます。入居率は低めに想定すること、修繕費や補修工事費は多めに考慮することが、資金計画を立てる上で重要です。リスクを過大に見込むことで、実際のリスクを軽減できます。

女性

不動産投資を守る保険

家賃滞納が発生しても家賃収入が途絶えないのが、家賃保証システムです。不動産投資に保険をかけられるため、多くのオーナーが家賃保証システムを利用しています。孤独死にも対応できるほか、家賃下落に備えられるのも魅力的です。

家とお金

投資を始める場合の注意点

初心者が不動産投資を始める場合にはいくつかの注意点があります。1つは経営の視点を持つこと、2つ目は専門家の協力を得ること、3つ目は税金に関する知識を持つこと、そして最後に資産価値の把握を怠らないことです。

本当の利益を知ろう

お金と男性

まずは会計セミナーに参加

会計の知識の有無が別れ道となるのが不動産投資。これから不動産投資を始める初心者の方は、何よりも先に会計の知識を身に付けることが重要です。もし、利益とキャッシュフローの違いが分かっていなければ、不動産投資に失敗する恐れがあります。逆にキャッシュフローが何たるかが分かっている方は、着実な資産形成を行えます。不動産投資初心者の方の多くが、税引後利益が最終的な利益だと勘違いされています。しかし、本当の最終利益は、税引後利益に減価償却費を加えたキャッシュフローです。例え税引後利益が赤字であっても、キャッシュフローが黒字であれば不動産投資に成功します。ここで重要となるのが、毎年どれほどの減価償却費を計上できるか。不動産の建物は構造により減価償却率が決まっており、最も高いのが木造の0.046。これがRC造であれば償却率は0.022まで下がり、その分キャッシュフローも減少します。多くの不動産投資家が初心者は木造アパートから始めるのが最適と指摘しているのは、この減価償却率が理由です。不動産投資で成功するには、表面利回りだけで物件を選んではいけません。電卓を叩きキャッシュフローを計算する。そのちょっとしたことで、初心者の方も立派な不動産投資家になれます。物件を下見に行く前に、まずは会計の知識を得られるセミナーに参加しましょう。不動産投資会社の中には、税理士を招き会計セミナーを開催しているところもあります。無料で参加できるセミナーが多いため、是非とも活用したいところです。

Copyright© 2018 【専門知識を学ぼう】不動産投資初心者なら専門セミナーに参加すべし All Rights Reserved.